【無料】『未来の学校祭 2020』脱皮トーク|Out of the Box 3:新たな社会システムへの脱皮

Description
|未来の学校祭とは
未来の学校祭は、東京ミッドタウンとアルスエレクトロニカによる未来の社会をみんなで考える新しいお祭りです。アーティストによる社会への問いかけをきっかけに、さまざまなクリエイターや企業、ショップが来場者とともに、未来の社会を考えます。コンセプトは「アートやデザインを通じて、学校では教えてくれない未来のことを考える新しい場」。イベント来場者は Exhibition(脱皮ルーム/脱皮スクエア/脱皮ラボラトリー)、Campus Exhibition(脱皮キャンパス・エキシビション)、Performance(脱皮パフォーマンス)、Workshop(脱皮ワークショップ)、Talk(脱皮トーク)など子供から大人まで楽しめるプログラムを自由に体験することができます。未来について考えるうえで重要なヒントが見つかるかもしれません。

|脱皮トークとは
今、様々な分野で新しいアイデアを用いながら、社会の問題を超えようとする試みが行われています。アーティストが社会に投げかける問いはどのように生まれているのか?Ars ElectronicaとEUが軸となって文化と産業の双方を刺激する取り組みとは?2月に開催されるフェスティバルは東京をどう脱皮させるのか、脱皮のための試みを、様々な角度から語り尽くします。

|Dappi Talk
“Dappi” Talk is a series of panel discussions about how Art can facilitate transformation – “Dappi” – of ourselves, cities, and societies. Panelists from various social sectors will introduce different approaches for the shift. Get inspired and hear from global practitioners of art thinking.

『未来の学校祭 2020』特設サイト
http://www.tokyo-midtown.com/jp/event/school_future/

+++++++++++++++++++++++

Out of the Box3:新たな社会システムへの脱皮
デジタル革命はAI技術の進化とともに新たな局面を迎え始めています。安心、安全という名のもとの監視、検閲、社会信用システム。気づかぬままに画一性を擦り込まれ、新たな知性と権力の箱に閉じ込められてしまう前に、私たち人間は何ができるでしょうか。このセッションは「脱皮スクエア」で展示するアーティストたちの活動を通して「新しい社会システムへの脱皮」について議論を深めます。

Out of the box 3: “Dappi” for new social system
The more AI technologies are integrated into products and services, the more invisible it becomes. Adoptions of AI in social and political systems have potential risks of implanting biases, overstepping privacies, monitoring and manipulating behavior, even involuntarily. Artists in “Dappi” square will discuss how we can defend ourselves from being imprisoned in the box of power and authority.


日時:2月23日(日) 16:30-18:00[開場 16:10]
会場:インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター(ミッドタウン・タワー5F TokyoMidtown DESIGN HUB内)
アクセス:http://designhub.jp/access/
※受付にてお名刺を頂戴いたします。
※英語は日本語に逐次通訳されます。
*Please submit your business card at the reception desk.

*The Japanese speeches will be interpreted simultaneously into English. Please keep in mind that the number of simultaneous interpretation receivers is limited.

Speaker


h.o |エイチ・ドット・オー
Artist Group

エイチドットオーは、ヨーロッパ、日本、アメリカに拠点を置く国際的なアーティストグループ。Sense the Invisibleをテーマに、多様な専門性を持つメンバーが実験的なアートプロジェクト・作品を形にしている。
h.o (hdoto) is an international artist group based in Europe, Japan and United States. Under the mission of “Sense the Invisible”, the collective will be realizing experimental and artistic expressions with the speed of technological progress.
http://www.howeb.org/



長谷川 愛 |Ai Hasegawa
Artist, Designer

生物学的課題や科学技術の進歩をモチーフに、現代社会に潜む諸問題を掘り出す作品を国内外で展示。
2017年4月から東京大学大学院にて特任研究員としても活動。
Ai Hasegawa is an artist and designer who produced many works putting emphasis on subjects relating to technology and people with employing techniques such as Bio Art, Speculative Design and Design Fiction.
https://aihasegawa.info/


©Renaud Monfourny
Guillaumit and Les Plasticiens Volants|ギヨミット アンド レ・プラスティシアン・ヴォラン
Artist

ギヨミットは、衣装やポスター上の3Dアニメーションを操作できる拡張現実のアプリケーションを開発するアーティスト。 ボルドーのカーニバルの芸術監督も務める。今回はレ・プラスティシアン・ヴォランとのコラボレーションでコスチュームを制作する。
https://guillaumit.tumblr.com/
http://www.plasticiensvolants.com/


MODERATOR

小川絵美子|Emiko Ogawa
プリ・アルスエレクトロニカ・ヘッド
Head of Prix Ars Electronica



+++++++++++++++++++++++

『TOKYO MIDTOWN × ARS ELECTRONICA』これまでの取組み
http://www.tokyo-midtown.com/jp/ars_midtown/
Sun Feb 23, 2020
4:30 PM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
未来の学校祭 脱皮トーク28
Venue Address
港区赤坂9丁目7−1 Japan
Organizer
TOKYO MIDTOWN
1,364 Followers